アトリエのご紹介

アトリエ観稀舎では「あなたの好きをカタチにする」をモットーに

みなさんで楽しく絵を描き、個性溢れる作品を創り出すことを目指しています。

 

こんにちは。アトリエ観稀舎を主催する画家の奥田みきです。

東京・小岩にある自宅アトリエで毎月絵の講座を開催しています。

 

関連記事

▼奥田みきの画家としてのプロフィールはこちらから

アトリエのご紹介

 

アトリエ観稀舎は奥田みきの自宅アトリエです。

 

私の教室では、絵が初めての初心者の方から長く通っている方まで、それぞれのペースで楽しく絵を描かれています。

受講歴が二十年~五年と長い方もいれば、一回だけお気軽に参加して頂く方もいます。

遠くは沖縄、北海道、関西などからも足を運んでいただいています。

 

室内には常時10点ほどの絵を展示しています。展覧会などで見逃してしまった方にもゆっくりと作品をご覧頂けます。

 

アトリエでは毎回5名前後の参加者の方々と、和気あいあいと楽しく絵を描いています。

少人数制ですので、その方に合った細かな指導をさせていただいています。

講座の受講生の方々にも「プロの技を惜しみなく教えてくれる」と仰っていただいています。

 

少しでも効率的に上達して欲しいと思っています

私自身、自分が描きたいと思うものを描ける様になるまで、紆余曲折ありました。

特に基礎力の不足に悩み、なかなか上達せずに苦しかった時期もあります。

 

その経験から色々な勉強法を見つけ、実力を磨き、商業イラストレーターの世界では著作も多数出版し、各方面から評価して頂けるようになりました。

(私の出版した本です)

 

私は初め上手かったわけではなく、思い通りに描けなかった時期が長く続きました。なので、受講生の方にはたのしくスキルアップが出来る様に色々工夫しています。

 

プロの世界で長年磨いたスキルを、みなさんにもどんどん活用していただきたいと思って講座をやっています。

「惜しみなく」と感じていただけるのは、そんなところなのかも知れません。

 

 

 

ちなみに、作風が生真面目なのでそういう人だと思われがちですが、お会いしたことのある方には

「会ってみると、気さくで面白い先生だった!」と言われます(笑)

 

教室では「楽しく学び、ステップアップ」を大事にしています

 

関連記事

▼絵のことで紆余曲折あった話はこちらに記載しています。

▼本館でのアトリエ紹介と「絵を習うことのメリット」

(受講生の方々の作品 ▼こちらにも多数掲載しています

 

アトリエ観稀舎・ご受講前にご一読ください。

 

アトリエでは前記にように

それぞれの目的に合ったご指導をさせていただいております。

 

ただ当アトリエでお教えしている技法は「通常の絵画の技法」です。

世の中には「一回で簡単に描ける!」

という感じのメソッドが多くありますが、

私の講座は何か特別な「魔法の技法」があって、

「絵心がなくても簡単に絵が描ける」というものではなく

「コツコツ描くことで上達する」という普通の絵を習うスタンスです。

(私自身長い時間を掛けて絵のスキルを磨きました)

 

課題の中にはパステルファンタジアのように

絵心のない方でも簡単に描くことを

目的にしたメソッドもありますが

その他の技法、アクリル、水彩などは

高いレベルの絵を描けるようになるまでには

それなりの練習が不可欠です。

(特にオリジナルの人物絵は繰り返しの練習が不可欠です)

 

画材の多くは「慣れ」が必要で、最初から上手く使うことは難しく

画材をマスターするためには、画材の特性を覚える必要があり

使いこなせるようになるためには、「枚数」を沢山こなす必要があります。

 

対面講座では直に手を入れるなど

色々アドバイスはさせていただきますが

「一回の講座で見本のようにハイレベルな絵が描ける」

というわけではないのでご理解ください。

 

続けて習われる方はそのつどアドバイス致しますが

一回切りの予定の方も、そのことをお伝えいただければ

必要な画材や練習方法などをできる限りお伝えいたします。

 

1回目のご受講で「先生と同じように描けない…」

と凹んでしまう方が少なからずいらっしゃるのですが、

前記のようにそれが当然で、最初は練習台のつもりで

気軽に制作をしてください。

枚数を重ねていけば、自然と画材と仲良くなれますので。

 

絵を仕事にしたい方はともかく修練を重ね、レベルア目指し目指し

趣味で楽しみたい方は、気軽に楽しくレベルアップし

それぞれに合ったスタンスで学んでくださいね。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>

全てオンラインで学べるアート講座です

CTR IMG